知っておきたい!フィナンシャルプランナーの資格とは?

フィナンシャルプランナーの資格について

フィナンシャルプランナーはFPと表示されることもあり、聞いたことがある人も多いでしょう。このフィナンシャルプランナーとはお金に関する様々な知識を持っており、その人がより良い将来設計になるようにアドバイスを行っているのです。フィナンシャルプランナーの資格は2002年から国家資格となっており、3級技能士から1級技能士まであるのですよ。学科と実技の試験があるので両方受かる事によって資格を取得する事ができるのです。

フィナンシャルプランナーの資格を取得すると

フィナンシャルプランナーはお金に関する仕事をしているのですが、実際にはどのような場所で働いているのか気になる人も多いですよね。フィナンシャルプランナーの資格を取得すると銀行、生命保険会社、不動産会社など金融関係の職場に勤めている人が多いのですよ。最近人気になっている無料の保険相談窓口で保険に関する相談を受けているのもフィナンシャルプランナーなのです。資格を取得していれば転職にも有利な資格とも言えますよね。

どうやって勉強すればいいの?

フィナンシャルプランナーの資格取得のためにはどうやって勉強すればいいのか?と疑問に思う人も多いでしょう。フィナンシャルプランナーは専門学校、通信教育、独学などで勉強する事ができるのですよ。働いているので通学は難しいという方でも通信教育を利用したり、また独学での勉強も可能なのです。数字に強い方やお金に関する仕事に興味がある方であれば資格取得を目指すのも良いですよね。資格を取得しておけば転職にも有利に利用出来るでしょう。

ファイナンシャルプランナーの講座を受けて資格を取ると、金融業界はもちろん個人資産に関る業界を中心にビジネスチャンスがあります。