育児中の女性が着付け教室を自宅で開くための資格の取り方

自宅で開業すれば仕事も育児も両立可能!

子育て中の主婦が仕事復帰する時に、子供とのコミュニケーションをとる時間や育児のための時間を犠牲にしたりしないで、自分の自己実現や、やりたいことを仕事にしてお金を稼ぐために資格を取って自宅で開業することを選ぶ主婦が増えています。海外の著名なアーティストのインタビューでも、子育てと仕事の両立はユニコーンを見る確率と同じくらい難しいことだけれど、だからこそやりがいがあるのだと言っている方がいましたが、これが簡単に実現してくれる鍵となるものが資格なのですね。

着付け講師の資格って?

着付け教室に通う生徒は浴衣や晴れの日に着る振り袖などを自分一人で着られるようになりたいという個人的な動機から、資格を取って開業したり、教室で働くことを目指す人まで様々な人が学んでいます。そのうち、自宅で着付け教室を開く場合は一級の着付け講師や資格が取れるコースを取るようにしましょう。最上級コースまでやらなくても充分です。着付け教室によってコース名が多少違っていますが、中級者コースや中等科コースなどの名称であることが多いです。

着付け講師になるための注意点

着付け講師の資格は着付け教室の中でも中等科コースなどに入らなくてはいけませんが、ここに入るには初心者向けのコースを卒業しているか、それに応じたスキルがなくてはいけません。最初から自分で自分の着付けが出来るくらいならいいのですが、着付けのスキルが未熟な場合は初心者向けのコースで学ぶことになります。コース自体は資格取得を目指す人向けのものと比べるととても短いので焦らなくても大丈夫ですよ。初心者向けの内容を身につければ、半年近くレッスンを受けて合格すれば自宅で着付け教室を開くことが認められます。

社労士の講座は、教室に行って受ける方法もあれば、郵送の教材やインターネットを活用して自宅で受けることも可能です。ライフスタイルに合わせて講座の受け方を選択することが大切です。