どうやって学ぶのがベスト?宅建の資格取得について

地道にコツコツ、独学で勉強

不動産関連のお仕事をされている方ならぜひ取っておきたい資格が宅地建物取引士、通称「宅建」です。宅建の資格試験は年間20万人以上の受験者がいるなど日本でも有数の人気を誇る資格となっているため、受験テキストや過去問題なども数多く市販されています。それゆえ、それらの教材を利用した独学での受験勉強が比較的しやすい試験だと言えます。独学で勉強し、合格した先達がその勉強ノウハウなどを紹介するサイトも多いので、まずはそれらをチェックしてみてはいかがでしょうか。

仕事の合間に通信教育

「独学ではちょっと不安」という方にオススメするのが通信教育での勉強。独自に研究された教材を使用し、効率的なカリキュラムやスケジュールなども提供してくれるとあって多くの方に利用されています。仕事の合間など、自分の生活に合わせた勉強の進め方ができますね。通常の講座だけでなく、模擬試験なども開催されているので、試験に対する不安も和らぐのではないでしょうか。費用は6~8万円前後ですが、ハローワークの教育訓練給付制度の対象になっているのでこの制度を利用することができる人なら学費の20%が支給されます。

しっかり勉強派は通学講座で

「費用はかかってもいいので絶対に合格したい」「一人では不安なので学校に通って教わりたい」そんな方々にオススメするのが通学講座です。一口に通学講座といっても6か月間みっちり学ぶコースや、試験直前の1~2か月間限定のコースなど様々ありますので、自分の学力や予算などを考慮して選んでください。その場で先生に教われるので、分からない点や疑問をすぐに解決できるのが通学講座の魅力。費用は10~20万円と少々高額ですが、通信講座と同じく教育訓練給付制度の対象になっています。

宅建の講座の宅建とは、宅地建物取引士の略であり、不動産取引に関わる宅建試験に必要な基礎をトレーニングメニュー、演習講座などで学びます。