語るにはまだ早いかも!?「心理学」とは?

最近よく聞く「心理」という言葉

ついつい見てしまう、朝のニュース番組での占いコーナーやカウンセリングなど、最近では「心理」という言葉を耳にすることは多いと思います。それらが原因で「私は心理に興味あるから勉強してみたい!カウンセラーになりたい!」と、将来を語る人もいれば「大体人の心っていうのはさぁ…」と持論を展開して語り出す人もいます。そんな人に対して、「凄いな!」と思うか、「この人少し残念な人だな…」と思うのは人それぞれです。しかし、もし堂々と語っているその知識が間違っていたとしたら?とても恥ずかしいことですよね。

「”心理”学」なのか「”心”理学」なのか

心理学と聞くと、一般的には「心理学?心の学問だよね!」と考える方が多いかと思います。しかし、専門家の中には「心理学は心の理学」と主張する人もいます。この2つの意見の違いは、「心理学」という言葉をどこで区切るかの違いで、一般の人が『心理・学』と区切るのに対し、一部の専門家は『心・理学』と区切るのです。一般的に考えられている心理学は、カウンセリングや占いなどですが、心理学の中にはそのような文系分野以外にも、研究を行う理系分野もあります。「心理学」と一言で表しても、中身はかなり奥が深いものになっているようです。

「心理学=文系」は間違い!?

上記で書いた通り、心理学には文系と理系があります。したがって、大学に心理学を学びに行く場合、「文系だから理系の勉強はもうしなくていいんだ!」という考えは大きな誤りです。むしろ、文系と理系が合体した分野であるため、決して楽ではないでしょう。しかも、学びたいと考えている人が多いであろうカウンセリングは、「ひとの心の仕組みを理解したうえで、相手にどうすればよいのかを考える」ので、心理学では応用の分部です。いくらカウンセラーになりたいと考えていても、ひとの心の仕組みに全く興味がないのなら、授業を受けていても苦痛かもしれませんが、将来の為には頑張らないとですね。

心理学の大学で学ぶことによって人間の心理の傾向を知ることができます。しかし、相手の考えていることを読み取ることは出来るようになりません。