色々な種類がある!?信用取引の基本的な知識について

信用取引とは何かについて

そもそも信用取引というのは、その名の通り、自分を信用してもらったうえで行う取引のことを言います。自分の信用してもらうというのは、要するに、自分を信用してもらうことでお金や株を借りて、その上で取引を行うということです。つまりは借金をして株の取引をするということなんですね。信用取引では、このように自分のキャパシティ以上の取引ができると言うところに最大の魅力があり、それまでは高くて手が付けられなかった銘柄であっても、信用取引では手に入れることができたりするんですね。

一般信用取引について

信用取引には、一般信用取引と制度信用取引との二つの種類があるのです。このうちの一般信用取引は、文字通り一般的な信用取引のことであり、この場合契約は投資家と証券会社の間で締結されることになります。一般的に銀行からお金を借りると、借りたお金に金利を上乗せして返済しなければいけませんよね。一般信用取引はこうした銀行からお金を借りるのと一緒で、いわば証券会社から借金をして株式を取得するという方法なのです。

制度信用取引とは何か

これに対して、制度信用取引の場合、証券会社から借金をするというやり方は一緒ですが、取引される株式の銘柄が一般信用取引とは違って食うものなのです。制度信用取引の場合、証券取引所が制度信用取引のために選定した銘柄しか取引することができないようになっているんです。しかも制度信用取引で取引した株式は、6か月以内に返却しなければならないというルールが加味されています。要するに、制度信用取引というのは、証券取引所お墨付きの期限付き株式のみの信用取引ということになるんですね。

株を初めて慣れてきたら信用取引に挑戦してみると、自分の持っている金額よりも多くのお金を扱うことができるのでいいです。