マナーを守って気持ち良く食べ放題を利用する

一生懸命な撮影作業に気を付ける

バイキングと言うのは、何十種類もの料理がズラリと並び、その中から自分の好きな物を好きなだけ取って食べることができると言う、とても楽しくてお得感のあるシステムの食事ですが、気持ち良く利用するためには、それなりのマナーと言うものが必要になります。例えば、ブログなどに使用するため、料理の写真を撮ろうと考える人がいますが、周りに何人もお客さんがいて料理を取っている中、料理が並ぶスペースの前にとどまって撮影作業に夢中になっていては、他のお客さんの迷惑になってしまいます。

大きな声で味について言わない

食べ放題の料理店で食事をした場合、色々な物を少しずつ取って食べると言うのはよくある立ち回り方ですが、たくさんの種類の物を食べれば、おいしいと感じる物もあれば、中には自分の口に合わない物が出てくることもあります。しかし、それを大きな声で、まずい、こんな料理置かないでほしい、などといった言葉で同席者に話してはいけません。周りでは、そのメニューをおいしいと思って食べている人がいるかもしれないからです。また、お店の人が聞いても良い気分にはならないでしょう。

システムにケチをつける

食べ放題のお店には、それぞれ独自のルールやシステムと言うものが存在します。それは、別に意地悪で設けているわけではなく、お店が上手くやりくりをして、良いサービスを提供していくために設けているものです。ですから、それについてあれこれ文句をつけると言うのはマナー違反であり、他のお客さんが聞いていても耳障りなものです。例えば、種類が少なすぎる、食べたい料理が知らない間になくなっていたからもっとたくさん作るべき、など特にお店に落ち度があるわけでもないのに、勝手な指摘をするのは美しい行為ではありません。

就業規則は、アルバイトを含めて労働者が10人を超える会社での作成・届出が義務付けられています。そして、全ての労働者に内容を知らせることが必要です。