火災保険に加入することで何が補償されるの?

基本的にはこのような項目が補償対象になります

住宅を購入すると次に加入しなければならないのは火災保険ですね。保険会社、契約期間など選択が沢山ありすぎて、迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。火災保険はどの保険会社も基本的なプランで補償対象になっているものは火災、落雷、爆発、風災・雪炎などがあり、排水管の破裂による水漏れや、家に置いてあったものが盗難被害にあった場合も含まれることがあります。その他にも追加できる様々なオプションがありますが、追加していくと保険料は上がります。

家財は対象にならないので気をつけましょう

火災保険に入れば、万が一、家が火災にあったしまった場合でも家の中にあるものは補償してくれると思う人ももしかしたらいるのではないでしょうか。実は火災保険は建物のみが補償されるものであり、家の中にある冷蔵庫、テレビ、その他貴重品など家財といわれるものについては補償の対象外になります。火災保険に加入するときは、あわせて家財の補償をいくらにするのか考えておかなければいけないですよ。ただし、家に貴重品がそれほどない場合は補償金額を低めに設定することもできます。

追加しておくと安心なオプション

火災保険といえば火事や災害などに関わるものというイメージがありますよね。しかしこの保険に付け加えておくと便利なオプションも沢山あります。例としては個人賠償責任特約といって日常生活で起こるかもしれないトラブルに対し補償してくれるサービスです。高層階に住んでいて、植木鉢や布団などの物を誤って落としてしまい、通行人に当たり怪我を負わせてしまったときなどに保険会社に間に入ってもらい被害者との示談交渉をしてもらうこともできます。また補償額も1憶円または無制限などで高額な割に保険料はそれほど高くありませんので追加で入っておくと安心ですね。

火災保険なら万が一火事にあった場合にもマイホームを無償で建てることができるので加入しておくと安心できます。