遺産相続をスムーズに!そのための3つの準備

自分の財産を把握する

老後世代になると遺産相続のことが気になるというのは自然なことでしょう。できる限り遺族に迷惑を掛けないで死後の整理をしてほしいという思いもあるでしょうし、遺産分割でもめないでほしいという考えるのも当然です。実際に相続が発生した時に、遺族が苦労することの一つに、被相続人の財産が把握しにくということがあると言われています。そのため、まず自分名義の財産についてしっかり整理することが大切です。主に、不動産や証券会社の口座、預金口座、そして保険契約を整理して一覧にしておくことが大切でしょう。

遺産分割のルールを知る

もめない遺産分割を考える場合に大切なことは、まず民法や税法で決められている遺産相続のルールの基本を知ることです。自分の家族構成と照らし合わせて法定相続分がどうなっているか、自分が財産を残したいと考えているバランスとずれがあるかどうを知ることも大事ですし、相続税の基礎控除や配偶者の特例等を考慮しながら相続税の納税が発生するかどうかを把握することがやるべきことの第一歩になります。それを踏まえて対策を考えるといいでしょう。

弁護士や税理士を探しておく

自分名義の財産がたくさんあったり、事業を特定の者に相続させたいというようなケースは、相続が発生した場合に備えて専門家の助言を仰ぐ方がいいでしょう。そのために、まずその専門家を探しておくことが大切です。専門家は弁護士と税理士を探しておけば大丈夫でしょう。知り合いからの紹介を受けるのが信用できる専門家を探すにあたっては一番簡単な方法ですが、ホームページ等で相続に強いと謳っている専門家を訪ねて評価をするという方法も有効でしょう。

遺産相続とは、亡くなった方の銀行預金や不動産、保険などの遺産を相続する為の手続きです。なにかとトラブルが起きやすいので手続きについて確認をしておく事は必要なことです。